Gallery PSYS

  • Exhibition
  • Gallery Info
  • Floor Guide
  • Event Calender
  • Contact
  • PSYS TOP
  • gallery PSYS Blog

Exhibition Information

 su

展覧会 「あるがままPROJECT EVO. #2」
須藤萌子 銅版画展 ―春の眠りは・・・―
開催日程 2018年2月3日(土)〜18日(日)
開廊時間 11:00〜19:00 (最終日のみ17:00閉館)
観覧無料 《作品購入可》
休廊日 期間中無休
メッセージ 静岡県湖西市出身の版画家、須藤萌子(すどうほうこ)の展覧会。
同ギャラリーでの展示は、企画展「あるがまま」より5年ぶりとなる。
今日まで自身が続けてきた「抽象と具象の間でゆらぐ」作品、
2008年から想いを石に例えて表現した「stoneシリーズ」と共に、
近年では新しい試みとして「誰かのために」をイメージした小作品群など、
銅版画約30点を3部構成にして展示予定。
作家プロフィール






展覧会略歴
静岡県 湖西市出身
2004年 静岡大学 教育学部芸術文化過程 美術・デザイン 卒業
2006年 静岡大学 教育学研究 造形政策論 修了
             絵画研究室 白井嘉尚に師事
2006年‐2013年 静岡県浜松市で高校の美術講師を務めた後、
2013年より3年間、掛川市二の丸美術館の学芸員を勤める。
現在、静岡市内で銅版画のワークショップをしながら制作活動中。

個展
2014年 「涙の標本箱」静岡市 しずおか信用金庫 ギャラリーゆめ空間
2016年 「2月の湖」静岡市 清水フェルケール博物館 ギャラリースペース
2017年 「須藤萌子 銅版画展」中央区 銀座 Oギャラリー UP.s

グループ展
2009年 105人の時間展 静岡市 静岡グランシップ エントランスホール
2012年 タツコン2012 名古屋 ギャラリー龍屋
2015年 富士山展 東京渋谷区 Kosmos Lane Studio & Gallery
2016年 焼津芸術寄港 あんえっとん 静岡県焼津市商店街
2017年 鏡地獄―ぼくらの江戸川乱歩― 東京台東区 ギャラリースペース しあん
作家在廊日 2/3(土)・2/4(日)・2/17(土)・2/18(日)

Next Exhibition 次回予告

2018年3月/未定

 

Exhibition Information

 su

展覧会 「あるがままPROJECT EVO. #1」 久松大悟 展
開催日程 2016年2月20日(土)〜28日(日)
開廊時間 10:00〜20:00 (最終日のみ17:00閉館)
観覧無料 《作品購入可》
休廊日 期間中無休
メッセージ 「あるがままプロジェクト」での展覧会から5年。
ミュンスター芸術アカデミー留学の渡独で、何を得、何を感じ、何を表現してきたのか。
以前から変わらない「存在」という共通テーマのもと
ミュンスターで生まれた作品を、新作とともに「SEIN」として静岡で初公開。
作家プロフィール 1984、静岡市葵区生まれ
常葉学園大学卒、倉敷芸術科学大学大学院修了
2014−15年、ミュンスター芸術アカデミーに留学
蜂谷充志、河口龍夫、ヘンク・フィシュに師事
イベント 会期中毎日開催! 「久松大悟個別アーティストトーク
在廊時間 / 13:00〜17:00
上記時間帯に個別に随時開催。
ご来場いただいた方と作品解説を通じて親交を深めます。

 

 su

展覧会 「めぐるりアート静岡」 Gallery PSYS 編 「門田光雅 展」
開催日程 2016年 1月26日(火)〜2月14日(日)
開廊時間 13:00〜19:00
観覧無料 《作品購入可》
休廊日 月曜日
http://www.mitsumasakadota.com
メッセージ 今日アクリル絵の具は広く普及し、多くの作家たちに活用されている。だが、油絵の具に比べて歴史は浅く、その特性はまだ十分に研究されているわけではないだろう。門田はその真摯な探究者である。多様な筆触、様々なメディウムの試行、強い色彩、きらめく表層など、表現豊かな絵肌が、絵画芸術の可能性を拓き続けている。(堀切正人)
作家プロフィール 【門田光雅 かどた・みつまさ】
1980年 静岡県袋井市生まれ
2002年 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業
2007年 「ART TODAY 2007 門田光雅・渡辺依理」/セゾン現代美術館(長野・軽井沢)
2008年 第23回ホルベイン・スカラシップ奨学生
2011年 「voca2011 新しい平面の作家たち」/上野の森美術館(東京・上野)

 

自分の背中を描く方法

展覧会 「長倉健一」展
開催日程 2015年11月2日(月)
開廊時間 10:00〜17:00
観覧無料
解説 ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスをはじめ、全米でバンブー作品ブームを起こした火付け役であり、2000年「コッセンバンブー賞」第1回グランプリを受章した長倉健一氏。アトリエのある茶どころ静岡ならではの独創的な花籠はもちろんのこと、竹の持つ魅力を存分に生かした唯一無二の造形作品まで、幅広い表現で創作する作家として、国内外で高い評価を得ている。日本の、静岡の伝統工芸の素材である竹を芸術作品へと昇華させ、世界のバンブー芸術家として認めさせた長倉氏の新作展。たった1日だけの貴重で希少な展覧会である。

 

自分の背中を描く方法

展覧会 「春夏秋冬 −ヒトトセ−」絢×一希 二人展
開催日程 2015年 4月29日(水・祝)〜5月5日(火・祝)※期間中無休
開廊時間 9:00〜19:00
観覧無料 《作品購入可》
http://nanos.jp/hitotoseten/
メッセージ 四季折々の風景や、其処に住まう人々を和風な世界観で描き、その絵の中のものを立体で表現致しました。 絢の水彩画と一希の立体物によって、自然の尊さや日本文化の美しさをお伝えできたらと思います。 展示作品の他に、ポストカードや原画入り根付の販売有。
作家コメント 【絢(ジュン)】
和と自然をこよなく愛する独学絵描き。透明水彩を主に使っています。
在廊日:4/29水祝、5/2土、3日祝、4月祝、5火祝
【一希(イツキ)】
好む素材は紙。細かいものの制作が好き。近隣大学の造形学科卒。
在廊日:4/30木、5/1金

 

自分の背中を描く方法

展覧会 「めぐるりアート静岡」 Gallery PSYS 編 「渡辺依理展」
開催日程 2015年 2月3日(火)〜22日(日)※月曜休廊
開廊時間 13:00〜20:00
観覧無料
http://megururi.net
作家コメント まとわりつく浜風に煽られて
目もまともに開く事ができず
必死の形相で自転車をこいでいた。

地平線に伸びた砂丘に足をとられて
一歩一歩自分の重さを感じながら
ただひたすら歩き続けていた。

小さな体が感じた大きな力。

今ではないいつか

途方もない大きな力が現れて
目を閉じる事しかできず
自分の重さに押し潰されてしまったら。

きっと暗い闇の中へ意識を集中させながら
深く潜り続けるだろう。

小さな体が教えてくれる

向き合えばいいのだと。

たとえ頼りないものでも
何かに繋がる瞬間がある。 (渡辺依理)
講師コメント 画面をはげしくスクラッチして独特な絵肌を作る、きわめてユニークな作風で、渡辺は世に出てきた。だが、そのスタイルの特殊性は、それゆえにこそ、あらためて何をどう表現するのかを問わずにはおかなかったようである。渡辺が本格的な作品発表を控えるようになって、はや5年ほど経つ。その間に世の中は大きく動き、また渡辺自身も変わったであろう。久しぶりの発表で、何を見せてもらえるのか、期待して待ちたい。(常葉大学 堀切正人)

 

自分の背中を描く方法

展覧会 常葉学園 造形学部3年 アート表現コース「THE」展 Gallery PSYS 編
開催日程 2015年 1月19日(月)〜1月25日(日)※期間中は連日無休
平日・土日 11:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)
観覧無料

<常葉学園 造形学部3年 アート表現コース>
【学生】
青木友佳、浅井瑠衣、朝比奈遼、上田優希、大村千晶、片山留理子、中山恵里、野口彩香
【教員】
合津正之助、夏池 篤、田宮話子
同時開催 2015年 1月19日(月)〜1月25日(日)※期間中は連日無休
  E-SPACE 編(静岡県沼津市町方61)
  GALLERY UDONOS 編(静岡県静岡市清水区上原2-5-5 1F)

 

自分の背中を描く方法

展覧会 めぐるりアート静岡 Gallery PSYS 会場 『鈴木まさこ展』
開催日程 2014年3月4日(火)〜3月23日(日)
開廊時間/13:00〜21:00
休廊日/月曜日
観覧無料
イベント @ライブペインティング/3月23日(日)13:30〜
Aアーティストトーク/3月23日(日)14:00〜
会場/Gallery PSYS 展示室 
※時間は多少前後する場合がございます。
展覧会解説 反覆する微細なものの集積が世界を創る。鈴木まさこが描くあらゆるいきものはその自明の真実を見る者に伝えるが、同時にその過剰さ、過激さに圧倒され、戸惑うこともあるだろう。だがそれこそが生の有り様に違いない。暴れだそうとする生命の力に平衡を与えるように、鈴木はいつ終わるとも知れない細かな作業を繰り返す。十数年ぶりに地元での個展。
作家コメント 私は生まれも育ちも静岡です。ずっと一人で制作活動を行ってきました。 ここ数年で、結婚をし、出産をしました。環境や自分の立場の変化と共に、 創作に対する気持ちも少しずつ変わってきています。 今回の展示の話を頂いた時に、「私でできることがあれば」という気持ちになりました。
まだまだ未熟な自分ですが、静岡が必要としてくれたならお手伝いしたいという気持ちです。
プロフィール 1981静岡市生まれ
1998静岡県立清水南高等学校卒業
静岡市在住
展覧会略歴 2012.4 禅居庵×FOIL 「今やらんで、いつやるねん」展 大本山建仁寺塔頭 禅居庵
2012.4 ART KYOTO 国立京都国際会館アネックスホール
2010.9 「alive - birth of a tale」 Gallery Factory ソウル
2010.6 持ち込みナイト記念展 FOIL GALLERY 東京
2010.5 禅居庵×FOIL「いま、断てへんやつは立たれへん」展 大本山建仁寺塔頭 禅居庵
2009 「ZOO-M」 FOIL GALLERY、東京
2008 「美しい世界」 FOIL GALLERY、東京
2006 「身体アート展」Gallery CAVE、浜松
2004「NEW FLAT 2004」ホワイトキューブKYOTO、京都
他に「GEISAI」など多数出展

 

展覧会 常葉学園 造形学部3年 アート表現コース「PASS」展 Gallery PSYS 編
開催日程 2014年 2月2日(日)〜2月8日(土)※期間中は連日無休
平日・土日 10:00〜20:00
観覧無料

<常葉学園 造形学部3年 アート表現コース>
【学生】
青島 彩、天野 亮也、飯塚 真生、石田 亜衣、栗下 夕乃
近藤 大輔、左右田 一也、前田 勝弘、増田 陽子
【教員】
夏池 篤、岐部 琢美
同時開催 2014年 2月2日(日)〜2月8日(土)
  東部会場/江戸屋本店ギャラリー(静岡県富士宮市宮町3-2)
  中部会場U/GALLERY UDONOS(静岡県静岡市清水区上原2-5-5 1F)
2014年3月1日(土)〜3月8日(土)
  西部/浜松アートセンター 鴨江別館(浜松市中区鴨江町1番地)

 

自分の背中を描く方法

展覧会 市川友加里 個展 『しお』
開催日程 2013年 12月7日(土)〜12月15日(日)※期間中は連日無休
平日・土日 13:00〜20:00
観覧無料
<Opening Party>※参加無料
12月7日(土)13:00〜
作家を囲んでの、自由で気軽な交流パーティーです。展示室はパーティ終了までオープンしており、作家の作品解説が直接聞くことができます。軽食やお飲物もご用意しております。また、特にパーティプログラムは設けませんので、ご都合の良い時間にお越しくださってもオッケーです。皆様、是非、お誘い合わせの上お気軽にご参加ください。
コメント 絵画から壁面に広がっていく空間に興味があります。
複数の記憶が重なり合い、曖昧で漂うさま、温度、湿度、におい、音、感触を色で表現することを試みています。
絵に出てくる記憶とは、ひとのしぐさ、微妙な陽の光の変化、肌に感じる温度、宙にまう埃、海から風に乗ってかおる潮のにおい、植物の青々とした色といった日々感じる身近にあるものごとです。ひとを描くときは体の中でドクドクと流れる温かいもの、身につける衣服、発する雰囲気を大切にしています。
作品は木製パネルに貼った布にアクリル絵具で描いています。刷毛で薄く絵具を塗り重ね、霧吹きをかけたりスポンジで馴染ませたり、やすりをかけたりすることで境目のない色の空間をつくっていきます。

<作家紹介>
市川友加里(イチカワユカリ)
常葉大学造形学部造形学科卒業
現在、常葉大学造形学部研究生

 

自分の背中を描く方法

展覧会 佐藤百合子 個展 『fineness』
開催日程 2013年 11月23日(土・祝)〜12月1日(日)※期間中は連日無休
平日・土日 13:00〜20:00
観覧無料
<Opening Party>※参加無料
11月23日(土・祝)13:00〜
作家を囲んでの、自由で気軽な交流パーティーです。展示室はパーティ終了までオープンしており、作家の作品解説が直接聞くことができます。軽食やお飲物もご用意しております。また、特にパーティプログラムは設けませんので、ご都合の良い時間にお越しくださってもオッケーです。皆様、是非、お誘い合わせの上お気軽にご参加ください。
コメント 実際の物体には一本に繋がった線(輪郭線)は存在せず、見えることもありません。しかし細々とした線で囲まれれば、そこには物体の認識が生まれ空間も存在します。描かれる一本の線は微妙な調子の変化によりさまざまな印象をみせます。人や動物を描くとき、繊細にも彼らの持つ強さや美しさを表現していきたいです。

<作家紹介>
佐藤百合子(サトウユリコ)
富士市出身 
8月生まれ
2013年3月 常葉大学造形学部造形学科卒業
現在、常葉大学造形学部研究生
専攻は油彩だったが、線(物体の輪郭線)を意識するようになりシャープペンシルで描く繊細な表現方法で制作するようになる。 支持体の可能性と線による空間表現をテーマに研究中。

 

自分の背中を描く方法

展覧会 財団法人地域創造「アートミュージアムラボ」関連事業
静岡アート郷土史プロジェクト 芸術批評誌「DARA DA MONDE」派生企画
静岡の「場」と「人」を結ぶ現代アート展『むすびじゅつ』
———むすばれていく、結んでいく、結んでいく術を考える。

川見俊(絵画、立体) × Gallery PSYS
開催日程 2013年 3月5日(火)〜3月10日(日)※期間中は連日無休
平日・土日 10:00〜20:00

<Extension EXHIBITION | 特別延長展示>※要申出
3月10日(月)〜3月17日(日)
平日・土日 10:00〜20:00
作家の川見俊氏の都合により、3月17日(日)まで作品を展示致します。会場は施錠されておりますので、観覧希望の方は2階事務所までお申し出ください。
コメント 愛知で傷ついた心の充電の為に季節ごとに静岡に帰ってます。帰るごとに発見があり、また謎ができ、作品にも繋がります。
愛知にいても静岡県出身の人とよく遊んでいます。

<作家紹介>
川見俊は、田舎にあるペンキで塗装された住宅を、散策する中で発見し、姿をなぞるようにペンキでベニヤ板に描く。会場では、絵と住宅の写真を、川見のコメントと共に一対で展示する。新たに描かれた静岡の家の作品を、真っ白なギャラリーサイズの空間で紹介する。

川見俊(絵画・立体)
1981年旧磐田郡佐久間町生まれ
静岡県立佐久間高等学校卒業
名古屋造形芸術大学彫刻コース研究生前期修了
愛知県江南市在住

出展歴
2012 「woodland gallery 2012」みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム 野外(岐阜)
2012 「ポジション2012 名古屋発現代美術 この場所から見る世界」名古屋市美術館(愛知)
2010 個展「project N 42 川見俊」東京オペラシティ アートギャラリー4Fコリドール(東京)
2010 「あいちトリエンナーレ2010」 長者町会場(愛知)
2010 個展 ケンジタキギャラリー(愛知)

  

自分の背中を描く方法

展覧会 塚本南波 展 Minami TSUKAMOTO
《Flutter》 ※平面作品・立体作品の展示
開催日程 2012年 11月24日(土)〜12月2日(日)※期間中は連日無休
平日 13:00〜20:00
土日 13:00〜20:00

<オープニングパーティ&夜間開館>
会場/ギャラリー・サイズ展示室横特設会場[参加無料]
2012年 11月24日(土)19:00〜
作家の塚本南波氏を囲む気軽な交流パーティです。展示室はパーティ終了までオープンしており、作家の作品解説が直接聞くことができます。軽食やお飲物・アルコールもご用意しております。また、特にパーティプログラムは設けませんので、ご都合の良い時間にお越しくださってもオッケーです。皆様、是非、お誘い合わせの上お気軽にご参加ください。
コメント [flutter]は羽ばたきする、胸がどきどきする、という意味です。
ものとものとの間に起こるちいさな力(ゆれ、むら)や、重力とものとの関係(飛ぶ、浮かぶ、落ちる)に興味があります。
それを彫刻や彫刻以外の方法で現すことをしています。

 

自分の背中を描く方法

展覧会 個展/佐藤浩司郎 《DISTORTION》ディストーション
開催日程 2012年 9月15日(土)〜23日(日)※期間中は連日無休
平日 10:00〜19:00
土日 10:00〜19:00

<オープニングパーティ&夜間開館>
会場/ギャラリー・サイズ展示室横特設会場[参加無料]
2012年 9月15日(土)19:00〜
佐藤浩司郎氏を囲む気軽な交流パーティです。展示室はパーティ終了までオープンしており、直接作家の作品解説が聞けます。軽食やお飲物・アルコールもご用意致します。また、特にプログラムは設けませんので、ご都合の良い時間にお越しいただけます。皆様、是非、お誘い合わせの上ご参加ください。

 

自分の背中を描く方法

展覧会 須藤萌子展
《祈りの行方・庭の記憶》 ※油絵・銅版画・ドローイングの展示
開催日程 2012年 3月3日(土)〜18日(日)※期間中は連日無休
平日 10:00〜20:00
土日 10:00〜17:00

<オープニングパーティ&夜間開館>
会場/ギャラリー・サイズ展示室横特設会場[参加無料]
2012年 3月3日(土)19:00〜
作家の須藤萌子氏を囲む気軽な交流パーティです。展示室はパーティ終了までオープンしており、直接作家の作品解説が聞けます。軽食やお飲物・アルコールもご用意致します。また、特にプログラムは設けませんので、ご都合の良い時間にお越しいただけます。皆様、是非、お誘い合わせの上ご参加ください。
コメント 四角い窓から見える庭の表情に、名前を付けて記憶する。 移りゆく季節を、私たちは窓という装置を使って眺める。 時折そこから見えない景色を思考する。 窓から眺める行為は、わたしたちへ、静かに考え祈る時間を与えてくれる。 窓をこえても一本の木、一粒の雨、ひとりの眼差しに、気づくことができる健康な人間でありたいと思う。
私にとって、油彩は感情をそのまま配置するものでした。銅版画は、どんなに熱を込めて版に刻んでも、紙に刷り上がる線は私を冷たく突き放します。作品と自分との距離の違いを楽しみながら制作しています。

 

自分の背中を描く方法

展覧会 西浜琢磨・長倉友紀子 2人展
《自分の背中を描く方法》
開催日程 2011年 11月12日(土)〜27日(日)※期間中は連日無休
平日 10:00〜20:00
土日 10:00〜17:00

<オープニングパーティ&夜間開館>
会場/ギャラリー・サイズ展示室横特設会場[参加無料]
2011年 11月12日(土)19:00〜
作家の西浜琢磨・長倉友紀子 両氏を囲む気軽な交流パーティです。展示室はパーティ終了までオープンしており、直接作家の作品解説が聞けます。軽食やお飲物・アルコールもご用意致します。また、特にプログラムは設けませんので、ご都合の良い時間にお越しいただけます。皆様、是非、お誘い合わせの上ご参加ください。

 

あるがまま…Project vol.10

展覧会 あるがまま…Project vol.10
久松大悟《臨界する思考》展
開催日程 2011年 7月16日(土)〜24日(日)※期間中は連日無休
平日 10:00〜20:00
土日 10:00〜17:00

<オープニングパーティ&夜間開館>
会場/ギャラリー・サイズ展示室横特設会場[参加無料]
2011年 7月16日(土)18:00〜
久松大悟氏・参加者による気軽な交流パーティです。展示室はパーティ終了までオープンしており、直接久松氏の作品解説が聞けます。軽食やお飲物・アルコールもご用意致します。また、特にプログラムは設けませんので、ご都合の良い時間にお越しいただけます。皆様、是非、お誘い合わせの上ご参加ください。

 

箱と人 第二期

展覧会 「箱と人」第三期
浅井真理子+鈴木健二
開催日程 2011年 6月6日(月)〜6月25日(土)10:00〜20:00

<ギャラリートーク>
会場/ギャラリー・サイズ展示室[参加無料]
2011年 6月 25日(土)17:00〜
「箱と人(青木聖吾、三輪洸旗、宮本博行、山極満博、浅井真理子、鈴木健二)
     ×堀切正人(静岡県立美術館 学芸員)
     ×以倉新(静岡市美術館 学芸員)
     ×榊原幸弘(Gyallery PSYS)
* ギャラリートーク終了後、クロージング・レセプションを行います

 

箱と人 第二期

展覧会 「箱と人」第二期
宮本博行+山極満博
開催日程 2011年 5月9日(月)〜5月28日(土)10:00〜20:00

<作家との親睦会>
会場/ギャラリー・サイズ[参加無料・簡単なご飲食を用意致します]
2011年 5月 28日(土)18:00〜(予定)
「箱と人」展作家6名とのささやかな交流パーティです。お気軽にご参加ください。

<ギャラリートーク>
会場/ギャラリー・サイズ展示室[参加無料]
2011年 6月 25日(土)17:00〜
「箱と人」×堀切正人(静岡県立美術館 学芸員)
     ×以倉新(静岡市美術館 学芸員)
     ×榊原幸弘(Gyallery PSYS)
* ギャラリートーク終了後、クロージング・レセプションを行います

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

展覧会 「箱と人」第一期
青木聖吾+三輪洸旗
開催日程 2011年 4月18日(月)〜5月7日(土)10:00〜20:00

<ギャラリートーク>
会場/ギャラリー・サイズ展示室[参加無料]
2011年 6月 25日(土)17:00〜
「箱と人」×堀切正人(静岡県立美術館 学芸員)
     ×以倉新(静岡市立美術館 学芸員)
     ×榊原幸弘(Gyallery PSYS)
* ギャラリートーク終了後、クロージング・レセプションを行います

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

展覧会 あるがまま…Project vol.9
杉森順子《Link》展
開催日程 2010年 11月27日(土)〜12月5日(日)
土・日/10:00〜17:00
平日 /10:00〜20:00
Opening:11月27日(土)18:00〜

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

展覧会 あるがまま…Project vo8.
内海建夫《些細な出来事》展
開催日程 2010年 10月16日(土)〜10月24日(日)
土・日/10:00〜17:00
平日 /10:00〜20:00
Opening:10月16日(土)18:00〜

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

展覧会 あるがまま…Project vo7.
岸美智代《glassworks"空間"》展
開催日程 2010年 9月18日(土)〜9月26日(日)
土・日/10:00〜17:00
平日 /10:00〜20:00
Opening:9月18日(土)18:00〜

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

展覧会 あるがまま…Project vol.6
伊藤尚未《光影動 - guang ying dong -》展
開催日程 2010年 9月4日(土)〜9月12日(日)
土・日/10:00〜17:00
平日 /10:00〜20:00
Opening:9月4日(土)18:00〜

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

展覧会 あるがまま…Project vol.5
内海加良子《boat in boat》展
開催日程 2010年 7月24日(土)〜8月1日(日)
土・日/10:00〜17:00
平日 /10:00〜20:00
Opening:7月24日(土)18:00〜

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

展覧会 あるがまま…Project vol.4
NAGATA ROSSO《ZOO》展
開催日程 2010年 6月19日(土)〜27日(日)
土・日/10:00〜17:00
平日 /10:00〜20:00
Opening:6月19日(土)19:00〜

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

Kazuhiko NAGI《ガラム》(部分)

展覧会 あるがまま…Project vol.3
奈木和彦《枯れない花》展
開催日程 2010年 5月15日(土)〜23日(日)
土・日/10:00〜18:30
平日 /11:00〜19:00
Opening:5月15日(土)19:00〜

 

あるがまま project vol.3 「奈木和彦 枯れない花」 5月15日(土)〜23日(日)

Yukihiro SAKAKIBARA《Public furniture》
※開催日変更のお知らせ
ブログにも記載しましたが、ギャラリーの一部改修工事の都合、
「あるがまま…Project vol.2」を4月24日(土)〜に変更しました。

展覧会 あるがまま…Project vol.2
榊原幸弘《Public furniture》展
開催日程 2010年 4月24日(土)〜30日(金) 12:00〜17:00
Opening : 4月24日(土)19:00〜

 

あるがまま project vol.1 「蜂谷充志+柴山拓郎 View2010 document for nakakan field」 3月20日(土)〜28日(日)

蜂谷充志+柴山拓郎
Mitsushi HACHIYA + Takuro SHIBAYAMA
《View2008 To Kansuke NAKA - Once upon a time - 》
中勘助が眺めた畑、養蜂箱、スピーカー、パソコン

展覧会 あるがまま…Project vol.1
蜂谷充志+柴山拓郎 View2001 document for nakakan field 展
開催日程 2010年 3月20日(土)〜28日(日) 12:00〜17:00
Opening : 3月20日(土)17:00〜